お役立ち情報

故障かも?iPhoneの動作がおかしいときに試したい4つの方法【iPhone豆知識】

iPhone豆知識

今回は問い合わせの多かった、iPhoneの動作がおかしい時に試してみたい4つの操作をご紹介させていただきます!

 

1.iPhoneの再起動

iPhoneはパソコンと同じような構造になっていて、定期的なシャットダウンや再起動が必要なのですが、ほとんどの方が気にせず使ってらっしゃると思います。再起動を試すことで、溜まっているキャッシュファイルや動き続けているバックグラウンド処理の動作が正常になる可能性があります。一度再起動を試してみましょう。

 

2.アプリや写真の削除

iPhoneの容量が一杯になると、処理や読み込みが遅くなるだけでなくデータが破損してしまう原因にもなります。使っていないアプリは消すか、「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」→「非使用のAppを取り除く」を有効にすれば、iPhoneが使っていないアプリをデータを消さずにiPhoneの空き容量を増やしてくれるのでオススメです。

 

また、ご自宅にパソコンをお持ちの方は、iPhoneの写真データをPCに移動させることでiPhoneの空き容量を増やすことができます。同時にバックアップも作成しておけば、万が一破損や紛失があってもデータだけなら残せるので安心です。

 

3.iPhoneの強制再起動

実はiPhoneの再起動には、電源を切ってから起動する通常の再起動の操作強制的にそれらを行う操作があり、通常の再起動で治らない症状でもこの強制再起動を行うと良くなる可能性が高いです。

iPhone8より後に発売された機種では、「音量プラスボタン」→「音量マイナスボタン」→「スリープボタン長押し」の順に押すと、約10秒後に強制再起動が始まります。

リンゴマークが表示されるまで長押しを続けます。

iPhone7では、「音量マイナスボタン」と「スリープボタン」を同時に長押しします。リンゴマークが表示されるまで長押しを続けます。

iPhone6sより前に発売された機種では、「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しします。リンゴマークが表示されるまで長押しを続けます。

 

4.ソフトウェアアップデート

iPhoneのソフトウェアは定期的にアップデートされ、様々なツールや便利な機能、ちょっと変わった機能が追加されていますが、このアップデートの中にバグを含むものが稀にあります。もしアップデートのバグをAppleが確認している場合は、すぐに修正版が公開されるはずです。しかしながら、このソフトウェアアップデートで逆にバグのあるバージョンにアップデートしてしまう可能性もあり、どうしても動作に違和感を感じる場合は、自己責任にはなりますがソフトウェアアップデートを試してみると良くなることがあります。

 

以上4つの操作のご紹介でした!

これらの操作は、iPhoneに一切手を加えずに試せる方法で、軽微な不具合であればこれらの操作で改善することがあります。もし、これらの操作を行っても症状が改善しなかったりもっと具体的な故障がある場合は、是非当店スマートクールエトレ豊中へお越しください!スタッフ一同丁寧な対応を心がけていて、些細なお悩みや相談でもご回答させていただきます!

 

(‘ω’)ノ明日使えるiPhone豆知識

・iPhoneの防水機能ってどれくらい信用できるの?

・iPhoneの電源ボタン、サイドボタンが陥没した・・・そんな時の対処法【iPhone豆知識】

・iPhone12miniの売れ行きはとても悪い!?iPhone売れ行き6%のわけ【iPhone豆知識】

・SIMカードとは一体何か、SIMに関することをご紹介!【iPhone豆知識】

・バッテリー交換すると良くなるかもしれない4つの症状

・好きな時間にiPhone触らなくても音楽が止めれる?【タイマーで音楽を停める方法とは】

・iPhoneの画面ロックだけでは防犯は完璧ではない!? SIM PIN機能

・ラジオやお店で流れている音楽を何の曲か一瞬で調べる方法!【iPhone豆知識】

・【位置情報】iPhoneの右上や左上に出てくる矢印みたいなのって何??ポケモンGOで遊んでいる人は要注意です!!【iPhone豆知識】

・アクティベーションロックってどういう状態?

・iPhoneで家計簿など表で管理したい時に使える機能とは??まだ知らない方は必見!

・手が離せない時に電話に出る方法

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら